ネイティブの発音が聞けるようになる練習方法

ネイティブの発音を、
そのまま発音できるようになることです。

日本人が分かったつもりでいる英語の発音。
実は普段ネイティブが話している発音と違います。

そもそも、英語の発音は日本語にない発音なので
全く同じ発音になるわけがありません。

学校英語で教えてもらう発音は
日本語の発音をベースにした発音で

ネイティブの発音とは全く違います。

だからこそ、ネイティブの発音ができることが
重要になります。

発音できる音は聞けるようになりますからね。

そのためには、ネイティブの発音を理解して
繰り返し練習することです。

そして単語のレパートリーを増やすこと。

ネイティブの発音が聞けるようになった後に
英単語を勉強すれば

もうそれはネイティブが発音しても
聞くことができる言葉になっています。

ネイティブの発音が分かって
意味が理解できる

この2つが揃って初めて
言葉の意味を脳が理解するようになりますね。

これで留学してもネイティブの英語に
困ることはない!

と思いたいところですが、

実はそんな簡単にはネイティブの発音を
マスターすることはできません。

音声変化を理解してカタコト英語から脱出すべし

ネイティブは1つ1つの単語の発音以外にも
発音が変わることがあります。

単語と単語のつながりによって
発音が変わってしまうんですね。

このことを音声変化(リエゾン)
といいます。

カタコト英語ではまずこのことを
教えてもらうことはありません。

学校では音声変化のことは
一切教えてもらえません。

これは現在の英語教育上の問題ではありますが、

英語教師をしている人でも
音声変化を知っている人は少ないです。

よく知られている難しい発音として、
MとNの発音やLとRの発音の違いなど

日本で英語教師になるために学習するだけでは
マスターするのはなかなか難しいと思います。

また、日本の英会話のテレビ番組やラジオなどで
発音を勉強しているつもりでも、

それは日本人の英語の上手な人の発音であって、
ネイティブの発音ではありません。

日本にいながらネイティブの人の発音を
聞くことはなかなかチャンスがありません

だから正しくネイティブの発音を学ぶことができず、
リスニングが上手くならない理由になります。

留学先でもネイティブの発音を聞き取れないから
困ってしまうんですね。

だからこそ、音声変化を学んで
ネイティブの発音になることが大切なんです。

ネイティブの発音そのものが脳に入ってこれば、
聞き取れないことはありません!

音声変化を知ればスランプになりにくい

新しい単語が出てくると、
リスニングができなくなってしまった・・・

突然リスニングが難しいと感じ、
スランプに陥ることがありますね。

だけど先ほど説明した音声変化。

これを知っているだけで、スランプに陥る確率が
グッと減ることになるはずです。

ボキャブラリーが豊富で音声変化を知っていれば、
聞き取れない英語はほとんどありません。

つまり、リスニングでスランプになるってことが
考えられないのです。

ただし、ネイティブの中にも方言があります。

発音が違ったりイントネーション、リズムが
学習した発音と違う場合です。

こういった場合は聞き取りが難しいことがあります。

たとえば、日本に方言があるように、
英語にもその土地の英語があります。

それに中国やインド、シンガポールなど

出身の違う人たちの発音の癖は
なかなか聞き取ることは難しいです。

こういったときはスランプを
感じてしまうかもしれません。

でも、英語ネイティブの発音を
ベースに学習しておけば、

リズムやイントネーションの違う人達の発音も
聞き取りやすいことは間違いないです。

日本の発音をベースに英語を勉強しているよりは
ずっとスランプに陥ることはないはずです。

だからこそ、ネイティブの発音をしっかり学び、
英語の発音のベースを作る。

そのうえで、留学先の生の英語をどんどん取り入れて
辞書にも載っていないような発音を

習得していくことが英語をストレスなく
聞き取れるようになるコツになります。

留学生活を楽しいものにするために、
ネイティブの発音をしっかり学んでいきましょう!