英語の勉強を継続させる方法

それは楽しむこと

これにつきます。
でもこれがなかなかできないことでもありますよね。

英語ができないんだから
留学には不安しか感じないんだけど・・・

そもそも楽しいってことが無い。
そう思ってしまうのかもしれませんね。

でもこんな風に思ってみてください。
長期の海外旅行を楽しむ

そのための準備が必要なんだ
これぐらいの気持ちになるといいと思います。

楽しむイメージって本当に大切で

勉強してるってことを忘れるくらいが
英語を使いこなすためのコツになるはずです。

実際に留学する人の話を聞くと、

英語を身に付ける場面は
現地の人とのコミュニケーション

が多いと言います。

留学前に勉強が役になっているというよりは
生活の中で使われる

英語を吸収していくという感じなんですね。

だから、留学だからと言って
肩ひじ張って勉強するのは良くなくって

留学先の楽しい生活をイメージして、
自分の言いたいことを伝える

練習をする方がよいですね。

その中でも留学先にいるとよく聞かれるのが、
日本の文化や生活についてです。

  • 留学先の生活とはどんなところが違うの? 
  • サムライって本当にいたの? などなど

日本の歴史についても興味を持たれることがあります。

そんなときに日本の素晴らしいところなどを

英語で伝えようというような気持ちで勉強すると
楽しく長続きすると思いますよ。

だけど、実際の英語教材はつまらない内容ばかり・・・

つまらない参考書では興味を持てない

留学しようとしているのに、

古い参考書から英語を勉強するのは
ナンセンスとしか言いようがないです。

もしそのような英語を学ぼうとしているなら
今すぐやめた方がいいですよ。

古い参考書や学校英語はネイティブが日常英会話では
使わないような表現ばかり。

どうしてそんなシチュエーションを教材にしてるの?
そんな気分になるような題材が多いですね。

日本で同じような場面があるのか考えてみると
わかりやすいです。

学校英語や受験英語では固いストーリーばかりを
題材としている。

だけど、ネイティブは恋愛やヒーローが活躍する
話を好んでいます。

これは日本人も同じですよね。

だから、ネイティブの使う英語と
日本人が学ぶ英語が違うのは仕方ないことです。

英語として間違っているわけではないのに、
ネイティブが使わない英語を学んでも通じない。

それは使っている教材が良くないケースが多々あります。

だから、ネイティブたちが話す英語に
ついていけないのは当然ですね。

使われてる英語の時代が違うんでしょうね。

今まで勉強した流れで、知らない単語などを
たくさん覚えようと努力する人がいます。

でも、実際に海外で生活するときに使わないような
英単語を記憶したところでほとんど使わないでしょう。

生活には生活に適した言葉しか話しません。

難しい英文法や英単語を覚えるよりは、
今実際に家にあるものを

すべて英語で言ってみようぐらいの心構えが良いです。

海外で楽しんでる姿がイメージできる勉強方法がいい!

留学先でも自分が使ってみたいって思える
シチュエーションの英語を学ぶべきなんですね。

友達にわからないところを聞いたり、
趣味の話をしたり、買い物に行ったり、恋愛の話をしたり

そういったプライベートな話が
できるようになったら留学も絶対楽しいですよ。

留学した後すぐに海外生活を楽しむために
英語の勉強はつづけなくてはいけない

そんなときには海外で
こんな英語を使いたいって思える教材が大切!

英会話教室では固い英語が多くて、
友達と雑談するという場面は少ない

オンライン英会話は安いから
講師もやる気が多くない人が多い。

フリートークで自分が言いたいことを
伝える練習にはいいですけどね。

まだ英語がそこまで話せないよ・・・

まずは買い物や恋愛話をするような
英語を勉強してみたい

留学中に好きな男性ができたときに使えるかも!

そんな英語があったら知りたいですよね。

まずはネイティブが話す

プライベートな表現方法を
学ぶのがイイと思います。

留学先で部屋にこもって
留学を楽しめないなんていやですよね。

留学を100%楽しむためにも
今からでもできることを準備していくといいですよ?